ホーム > 資金調達

資金調達

資金調達について

このページをご覧になっているかたは資金調達の必要がある方はもちろんのこと、資金調達の必要がない方にもご覧になっていただきたいページです。

資金調達の必要性

すでに自己資金が潤沢にある方は、資金調達の必要性を感じていないと思います。
しかしながら、それでも資金調達の必要性があると私が考えるのは、ひとえに「信用力」の点です。

資金調達は信用力の構築と考えていただきたいのです。
すなわち、手元資金2,000万円、借入金ゼロの会社(事業主)と、手元資金3,000万円(借入資金含む)、借入金1,000万円の会社(事業主)での信用力はどちらが上になるかというと、これは後者になります。

1,000万円の資金調達能力があるということは、その背景にある信用力を外部の金融機関から認められたことになるのです。

資金調達の必要性がなくとも、利息を支払っても、たとえ余裕資金であっても資金調達は早めに行っておくべきなのです。
資金不足に陥ってからでは遅いのです。

融資を受けられる条件について

創業前もしくは創業間もないのであれば、こちらのページにも説明がある創業支援融資がいいでしょう。

ここでのポイントは、数字を如何に語るかに尽きます。

実績がほとんどない状態で、融資を受けることになりますので、ご自身のプランを具体的にかつ、実現可能性のある客観的な数字をストーリー(事業計画)として説明する必要があります。

すでに数ヶ月もしくは決算の実績があるのであれば、試算表や決算の数字はすべて理解しておく必要があります。
未来の予想も数字で語れるよう万全の準備が必要です。

たかだか数ヶ月の数字ですので、ご自身の過去の結果を語れないのでは、融資側にとって、とても心象が悪くなってしまいます。
最悪のパターンとして、その金融機関から「融資できない相手」としてもレッテルを貼られてしまいかねません。
十分気をつけましょう。


資金調達が可能になり、その相手先が格段に増えるのは決算2期を過ぎてからです。

しかしながら、ストーリー(事業計画)の語りについては、も基本は変わることはありません。
過去の数字をいかに把握し、未来をいかに語れるか、ここに尽きるのです。

新着情報

一覧を見る

2015/05/11
2015/02/09
2013/07/01
アクセス


〒 103-0007
東京都中央区日本橋浜町2-25-2 チャンピオンタワービル10F

■交通アクセス
都営新宿線 浜町駅より徒歩5分
都営浅草線 人形町駅より徒歩5分

近隣駐車場あり

お問い合わせ 詳しくはこちら