ホーム > 節税対策について

節税対策について

節税対策について

不動産評価額の引下げ

個人事業主と法人の節税の本質は同じです。
一部に個人事業主では利用できないものもありますが、考え方は同一です。

節税の要は、いかに効率的な経費の使い方をするかに尽きます。

手許現金を最大化するには、節税をしないほうがよりよい結果を導きますが、無策のままで納税に望むのもどうかと思います。
利益を圧縮して税金を減少させるには、経費を使うことにほかなりませんが、過度の支出は禁物です。

経費の費用対効果を十分吟味した上で、納税額を減少させることが節税の本質です。

具体的な活用方法

所得税率が法人税率を超えない範囲内においての役員報酬の設定(法人のみ)

法人がその役員に設定する費用対効果の高い生命保険金(法人のみ)

耐用期間にわたり減価償却していくものを、可能な限り短期間で償却(30万円未満の減価償却資産など)

従業員への支出で、投資効果の高いもの(期末決算賞与や福利厚生支出など)

個人のための支出と認定されず、法人支出として処理できるもの(否認されないこと)

時限立法による節税(租税特別措置法)

適格退職年金

小規模企業共済

中小企業退職金共済

中小企業倒産防止共済

社宅の利用

新着情報

一覧を見る

2015/05/11
2015/02/09
2013/07/01
アクセス


〒 103-0007
東京都中央区日本橋浜町2-25-2 チャンピオンタワービル10F

■交通アクセス
都営新宿線 浜町駅より徒歩5分
都営浅草線 人形町駅より徒歩5分

近隣駐車場あり

お問い合わせ 詳しくはこちら