助成金

2013年7月25日 木曜日

海外需要獲得型補助金

7月25日(木)

東京都創業補助金の面接に行ってまいりました。


私自身が、中小企業庁の定める認定支援機関として登録しているのですが

この海外需要獲得型起業創業補助金の申請に際しては、支援機関である者の面接も必要になってきます。


この海外需要獲得型補助金のポイントは

1 海外の需要を獲得するものになっているか否か
2 その実現可能性はいかなるものか
3 海外での事業についての継続性はいかなるものか

この3点に尽きるかと思います。

換言すれば

この3点が明確でない場合は、海外の需要を獲得することができないことになります。

この補助金制度は、今後も複数回の応募を予定しているため、とくに女性や若者にとってはハードルの低い補助金と考えられます。

http://www.sogyo-tokyo.jp/

この募集要項の中における事業計画そのものを面接時にはプレゼンテーションすることになります。

その後、質疑応答になるのですが、海外という異国の地でどのように継続的に収益を上げていくかが最大の課題です。

これには、やはり協力者の存在が不可欠でしょう。


現地だけでなく、国内でも協力者の存在がある場合にはその実現可能性が高まります。

常日頃からの協力者との良好な関係構築が必要です。

海外や国内問わず必要でしょう。

そもそも適切に利益を出し続けていくには、海外事業にとどまらず国内でも当然かとは思います。

約束を守らない人や、借りを借りと思わない方は協力者がいなくなりますので、

自身の協力者や周囲への配慮を考えられない方は

事業の継続も厳しくなると常日頃感じます。


昨日の面接の際には、ビジネスプランそのもののほか、やはり協力者の存在が大きかったと思います。

私自身のプレゼンテーションは

1 数値面からの実現可能性
2 異国の地というハンデをいかに克服するか

という二点に絞ってお話をいたしました。


手ごたえは感じました。

投稿者 - | 記事URL

2013年7月 1日 月曜日

次の補助金

7月1日(月)

中小企業整備基盤機構による創業者補助金の第二次締め切りは先日終了しておりますが、

それとは別に、中小企業庁による小規模事業者活性化補助金の公募が開始されております。

こちらは
補助率:補助対象経費の2/3以内
補助上限額:200万円(下限100万円)

となっております。

また、これも同様に認定支援機関である金融機関、もしくは金融機関と連携の認定支援機関による支援確認が必要となっており

先日終了した創業者補助金と同様の手続きが必要です。

これも、金融機関連携承認を得るには、実質的には金融機関との将来的な融資が前提となっているため

審査には1ヵ月程度の時間がかかるとみて、すぐに行動したほうがよいかと思います。

詳細は以下にありますが、金融機関の支援を受けるのには事前準備が相当程度必要であるとの記述はありませんので、これも要注意です。

http://www.shokibo-kassei.jp/

投稿者 - | 記事URL

カレンダー

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

新着情報

一覧を見る

2015/05/11
2015/02/09
2013/07/01
アクセス


〒 103-0007
東京都中央区日本橋浜町2-25-2 チャンピオンタワービル10F

■交通アクセス
都営新宿線 浜町駅より徒歩5分
都営浅草線 人形町駅より徒歩5分

近隣駐車場あり

お問い合わせ 詳しくはこちら