会計税務

2014年12月 9日 火曜日

ふるさと納税(改)

12月9日(火)

先日中華街に行ってきました。

天津甘栗を久しぶりに買ったのですが、相場をよく調べずに買ってしまったようで

家族から「ボラレてるよ」としかられました。

中華街に寄付したと思うようにします。

さて

年末近くになりますと、12月決算法人あるいは個人確定申告の対策を考えるようになります。

ふるさと納税は寄付金として税額控除もしくは所得控除を選択することができます。

税額控除が有利な場合が多いため、それを主として考えてみますと

税額控除には限度額があります。

平たく申し上げますと、当たり前かもしれませんが、支払った税金以上の控除は受けることができません。

ふるさと納税は地方公共団体に対する寄付金のため、税法上の「特定寄付金」に該当します。

その場合の税額控除の限度額は、支払所得税の25%+支払住民税の10%です。

手計算は大変なので概算計算として、こちらがお勧めです。


総務省のページの

2、控除額について

寄附金控除額の計算(シミュレーション)

http://goo.gl/hRxquK


そのエクセルファイルで概算計算ができます。


この計算で、仮に限度額が3万円と出たとします。

自己負担額は2,000円です。


これは、確定申告によって28,000円が税額控除されることを意味します。


ちなみに私も

2,000円の自己負担で(3万円の寄付によって)、60キロのお米を入手することができました。


お米が好きなので

長野県阿南町や岡山県吉備中央町のにお得感があります。


2千円で60キロですが

場合によっては

2千円で120キロも可能です。

投稿者 -

新着情報

一覧を見る

2015/05/11
2015/02/09
2013/07/01
アクセス


〒 103-0007
東京都中央区日本橋浜町2-25-2 チャンピオンタワービル10F

■交通アクセス
都営新宿線 浜町駅より徒歩5分
都営浅草線 人形町駅より徒歩5分

近隣駐車場あり

お問い合わせ 詳しくはこちら