会計税務

2014年1月18日 土曜日

直系尊属

1月18日(土)

今年の旧暦の正月、春節は1月31日です。

なので、「節分」も1月31日ということになります。

旧暦ですと、太陽暦の2月以降は「春」ということです。

「新春」とはよくいったものです。

心なしか、だんだんと寒さが緩んでいる気がするのは

気のせいでしょうか。

さて

故人とその配偶者が飛行機事故にあった場合など生死の時間が不明な場合があります。

そういった場合には同時刻に死亡したとみなされます。

同時刻ではないけれども、時間差が少しでもある場合は相続関係が複雑になります。

すなわち

一旦夫婦どちらかから、その婚姻相手に対し相続権が移転することになります。

相続人が直系尊属だけの場合(子がいない場合)で

夫の一時間後に妻が死亡したとします。

その場合、妻に対して夫の財産の2/3が相続され

夫の父母に財産の1/3が相続されます。

さらに

その一時間後に

妻の父母に、もとの夫の財産の2/3が相続されます。

民法上ではそうなっていますが

夫のご両親としてはいかがでしょう。

夫婦仲がよく妻の内助の功により夫の経営する事業がうまく行っていた場合などは

すんなりと法定どおりにいくかもしれませんが

夫婦仲が普段からあまりよくなく

その様子を普段から双方のご両親が見聞きしていた場合ですと

夫側のご両親としては納得がいかないかもしれません。

ご自身はお亡くなりになってもう関係がないことになりますが

残されたご両親のお気持ちはどうなるでしょうか。

かといって

民法そのものに不具合があるかというとそうではないと思います。

一律に最低限度の決め事である以上は致し方ないので

子がない家庭の相続では

遺言や生前贈与などで、事前の相続対策をすることになります。

とくに

若くして財を成した方で、お子様がいらっしゃらない方はその影響が大きいと思います。


投稿者 -

新着情報

一覧を見る

2015/05/11
2015/02/09
2013/07/01
アクセス


〒 103-0007
東京都中央区日本橋浜町2-25-2 チャンピオンタワービル10F

■交通アクセス
都営新宿線 浜町駅より徒歩5分
都営浅草線 人形町駅より徒歩5分

近隣駐車場あり

お問い合わせ 詳しくはこちら