Blog

2013年8月 8日 木曜日

事故

8月8日(木)

先日事故にあいました。

厳密には、事故にあった車に同乗していたといいましょうか。

幸い家族4人全員無傷ですが

先方の車両の方には、念のため近くの外科に行っていただきました(お2人)。

こちらが右折車両でよく見ていなかったのが原因です。

保険会社の査定では、それでも負担割合は8対2となり

先方の過失がゼロにはなりがたいそうです。

幸いに

こちらは車両保険にも入っていたので、全損扱いで希望の中古車を買える値段に少し足りないほどの保険金が入ります。

先方様は車両保険に入っておらず、負担割合が2割で

しかも

客観的に見て「もらい事故」なのですぐには納得いただけないかとは思います。

それでも先方様は

「今回は8:2だね。でも全額負担してくれ。」

と理解しがたいことをおっしゃっていました。

すべて保険会社にお任せしておりますので、こちらは廃車手続きなど粛々と進めています。

自分で何かと苦労しながら(楽しみながら)済ませた車検が、7月初旬だったのが悲劇ですが、

これもよくよく調べると

自賠責保険と重量税は

廃車手続きにより、残存期間分は還付されることがわかりました。

経理処理は、租税公課のマイナスとなります。

この自動車保険は

ネット経由での契約なので、車両保険を追加してもそれほど高い保険料ではありません。

なお

一部の高級外車などですと、ネット系損保(イーデザイン損保、SBI損保など)では、車両保険の引き受けを断られることが多いようです。

そういったお車にお乗りの方は、ディーラーお勧めの保険会社か

地道に探していくしかないかとは思います。

私の知っている範囲ですと

東京海上日動火災や全労災ですと、比較的受け付けていただけるとのことです。

我が家の全損になった車は普通の日本車です。

次の候補は、節税効果が高い中古車ですが、

耐用年数2年は、さすがにやりすぎだと以前から思っています。

税務の規則上は

「中古資産耐用年数の見積ができない場合には算式を使う」とありますが

おおむね3年から5年が妥当かと思います。

ちなみに次の車の選択は

以前からの妻の希望の車になりました(ミニ。●年落ち)。

もっぱら業務には使用しないので

当社の経費にはなりません。


投稿者 -

新着情報

一覧を見る

2015/05/11
2015/02/09
2013/07/01
アクセス


〒 103-0007
東京都中央区日本橋浜町2-25-2 チャンピオンタワービル10F

■交通アクセス
都営新宿線 浜町駅より徒歩5分
都営浅草線 人形町駅より徒歩5分

近隣駐車場あり

お問い合わせ 詳しくはこちら